専修大学陸上競技部

BLOG

SENSHU UNIVERSITY TRACK AND FIELD CLUB

選手ブログ

選手ブログ(3年:髙瀨 桂)

いつも応援ありがとうございます。

経営学部3年の高瀬桂です。

今回のテーマは「予選会を終えて」「残り2ヶ月で出来ること・達成したいこと」の2つです。

 

まず予選会を終えてということで、予選会を振り返ってみると結果としては個人総合10位(日本人3位)、チーム総合9位で本戦出場を決める事ができました。まず昨年より1つ順位を上げて本戦に臨める事ができるということはこの一年やってきたことの結果として素直に嬉しく思います。一方で、内容を見ると自身の力を十分に発揮する事ができなかった選手が多くいたように感じました。しかし、逆に全員が100%の力を発揮できていればもっと良い結果が残せたということも事実なので、本戦出場を決められたことで出来た良い流れに乗ってチーム(特に中間層)の底上げを行い、また個人の調整方法を見直せば昨年の結果から大きくジャンプアップできると思うのでそこを意識した取り組みを本戦までに行っていければと思います。

個人の結果としては総合10位(日本人3位)で、自分自身とても驚いています。4月に怪我をして「もうダメかな」と思う時期もありましたが、それでも諦めずにやってきた事が結果として現れてとても嬉しく思います。しかし、1つ悔いが残る事がもっと自信を持って望めていれば良かったということです。自信を持てていればラスト1kmで思い切ったレースをし、持ち前のスピードで日本人トップをとることができた可能性がありました。そこは今後の課題になると思います。

ポイント練習にて
(右から髙瀨③、国増③、吉岡③)


 次に残り2ヶ月で出来ること・達成したいことです。私が残り2ヶ月で達成したいことは、もうやり残したことはないという自信をもって本番に臨めるような状態を作ることです。そのためには昨年の箱根駅伝直前では怪我をしてこなすことのできなかった練習を完璧にこなすことが大事だと思います。ですので、当然ではありますが怪我をしないことと、そのためのケアをやり過ぎくらいやる事が残り2ヶ月で出来ることだと思っています。より緊張感をもってチームのエースと胸を張って言えるような走りができるよう残り2ヶ月間頑張っていきたいと思います。